デクスター〜警察官は殺人鬼〜 S6

今回紹介するのはデクスターseason6です。

f:id:jill-jiji:20200228152220j:image

他のシーズンも是非!

www.jill-jiji.com

www.jill-jiji.com

www.jill-jiji.com

www.jill-jiji.com

www.jill-jiji.com

 

 

 

〜あらすじ〜

警部に昇進したラゲルタと警部補に昇進したデボラ。

デボラにプロポーズするクインやいい父親になろうと努力するデクスター。

そして新たに現れた黙示録キラー。

 

以下ネタバレになります…

〜season6を試聴してみて〜

ラゲルタは売春組織の顧客名簿にマシューズ本部長代理の名前があったことから脅迫し、警部に昇進する。そのためにエンジェルとは離婚していた。

 

マスオカは実習生の指導官に。

 

 

デクスターは同級生の自殺体が発見され、彼女が自殺したのではなく殺されたんだとわかるとプロムキングだった夫が殺したんだと考える。

そして同窓会に参加することに。

彼の血を採取したいデクスターだったが、リタの死や血痕分析のプロだという点から学生時代からは考えられない人気者になってしまい近づけない。

やっとの思いで彼に近づくことができるが、誤って自分の血を採取してしまう。

 

通報をもらい現場へ向かうマイアミ署。

そこには秤に乗せられた腸が…

死体はなかった。

 

プロムキングの血が採取できなかったデクスターは後日フットボールの試合に参加し、彼を転ばせ怪我したら血を採取しようと考えるが自分ばかり倒されてしまう。結局デクスターは肘で彼の鼻を殴り鼻血をゲット。彼の妻の死体の爪にあった血と彼の血のDNAが一致したことから彼を殺すことを決める。

 

デクスターはエンジェルに勧められ彼の娘が通っていたカトリックの幼稚園の面接を受けに行き、信仰しているものはあるかと聞かれ神は信じないと答える。え、そんなこといって合格できるの?と思いましたがその後シスターに謝罪し息子には信仰するものを与えたいといい無事入学できました。

 

ちなみにこのシーズンではハリソンのベビーシッターはエンジェルの妹ジェイミーがしてくれています。

 

海で刺殺体発見。腹を縫合された跡があった。それはギリシャ文字のようだった。死体を切り開くと蛇が数匹出てきた。腸の代わりに蛇を入れたようだった。

 

プロムキングの殺害を実行しようとしていたデクスターだったが、プロムクイーンだった子に捕まってしまい迫られデクスターはいい思いをする。

そして彼女の携帯でプロムキングを呼び出すことに成功し、いつもと同じ手順で彼を殺した。

 

 

デボラとクインは関係を修復し順調だった。

関係を進めたいクインはデボラにプロポーズするためにレストランに誘うが緊張しトイレに行くとレストランで乱射事件が起こる。デボラはそれを止めに入りその様子をネットにあげられ一躍ヒーローになってしまった。

 

その頃、2人の男が何かを唱え、始まったという話をしていた。

若い方はトラヴィスといい、もう1人はゲラーという教授らしい。

 

クインはレストランでは出来なかったプロポーズを家ですることにし冷蔵庫の中に指輪を設置。起きてきたデボラに開けさせプロポーズをするが、デボラはあまり嬉しそうではなく少し考えさせて欲しいと頼まれてしまう。

 

プロポーズされたデボラはデクスターに相談。

結婚なんて考えもしなかった。今のままでいたいというデボラ。

デクスターもクインが義理の弟になるのは気が進まない。

 

 

殺された果物屋リベラについて調べるマイアミ署だったが、彼が薬の売人たちと関わっていたとわかる。

リベラが勤めていた車の修理工場の経営者に話を聞くことにする。経営者はブラザーサムといい、前科者だった。今はその行いを悔いて神父になりほかの前科者たちを雇い更生させようとしていた。

署に来たサムを見たデクスターは彼を疑う。エンジェルたちも前科者だったため疑っていた。

 

デボラはマシューズに呼び出されラゲルタが昇進し、警部補の座が空いたからデボラを任命したいと言われる。エンジェルが適任だというデボラにマシューズは返事は明日までにという。

このことで頭がいっぱいいっぱいになってしまったデボラはプロポーズのことなんてすっかり忘れてしまっていた。

 

その頃トラヴィスは姉と会い、デクスターはサムに近づくためわざと車をぶつけ彼のところに持ち込んでいた。

 

 

デボラはエンジェルに昇進のことについて話し、エンジェルが嫌なら断るという。自分が昇進することに乗り気だったエンジェルでしたが、デボラのことを祝福する。そのことをしったラゲルタは私への当て付けだ間違っていると彼に話しマシューズにも抗議するが話を聞いてもらえない。

 

サムを尾行していたデクスターは彼が誰かの家に入り銃声のあと人を担ぎ車のトランクに入れ工場に戻るのをみて、工場の中に入ろうとするが、犬に吠えられてしまう。犬に麻酔を打とうとするデクスターだったがサムが出てきた。車の中に忘れ物をしてしまったと嘘をつくデクスターを彼はすんなり工場の中に招き入れる。そこにはニックという男がいてサムに殴ることないだろといい、サムにいきなり撃ってくるからだと怒られていた。

サムがいうには仕事に来なかったから様子を見に行ったらドラックをやっていたらしくいきなり撃ってきたと。

そこにトラックに乗った男たちが現れニックを連れて行こうとする。彼らはニックの元仲間だった。

サムは銃を突きつけられる。デクスターが身分証を見せ警察だというと彼らは逃げていった。

 

そしてトラヴィスは姉に会っていたことをゲラー教授に報告していた。するとゲラーは熱した棒を自分の腕に当てつけお前の面倒を見るのは自分だという。

 

プロポーズのことを忘れていたデボラだったが家に帰るとクインが返事を聞こうとしていた。デボラは今のままがいいとクインに伝えるがクインは先に進みたいと答える。デボラはそれは出来ないと完全に拒否してしまい怒ったクインは出て行けという。

 

死体から出てきた蛇を調べていたマスオカとブロンドの実習生は蛇から金属を検出する。

 

 

デボラの昇進について納得いかないラゲルタだったがマシューズにデボラの昇進記者会見を任される。

その記者会見を見て初めてデボラの昇進について知ったクインは驚く。

 

 

ラヴィスは新たなターゲットを教授の元に連れて行く。

 

クインに振られたデボラはデクスターの家に居候することに。

 

娼婦殺しの事件が発生。

クインはデボラと別れたことで酒に溺れ、この日も女と一緒にいて遅刻してきた。

エンジェルに怒られる。

娼婦の遺体は歯が欠けていたことからデクスターは歯を抜こうとしていたと考える。そしてデクスターは少年の頃に憧れた15人の娼婦を殺し、歯を戦利品として抜く歯の妖精と呼ばれた殺人鬼がやったのではと考える。幻想のハリーにもう彼は70代だし、なぜ今までと違うマイアミで犯行を犯すんだというが、デクスターは周辺の老人ホームを探すことにする。

ラゲルタはやたらとデボラの仕事の邪魔をする。

 

マスオカはブロンドの実習生が気になるため彼女の気を引こうと冷凍車キラーの証拠品の義手を見せる。彼女はその義手と同じカラフルなネイルをしていたという話を興奮し話す。

 

会議でクインは犯人を捕まえるために蛇の情報を公開し情報を集めようと提案する。デボラは裁判で不利になるからそれは出来ないという。ラゲルタはカインの意見に同意する。

 

その頃デクスターはケニーという歯の妖精が事件を起こしていた地域から引っ越してきた老人を見つけ、彼に近づき一緒にゴルフをする。その時に買い物に連れていって欲しいと頼まれる。

 

サムから車が直ったと連絡をもらい工場へ取りにいくと日曜の礼拝に誘われる。

 

デボラはクインの反発に現場ではなく書類仕事ばかりの業務、ラゲルタのことなどで悩んでいた。

デクスターに数ヶ月頑張ってみてそれでも自分には向いてないと感じたら警部補の座を降りればいいと助言される。

 

デクスターはケニーとの買い物の約束を果たしにいくとエロ本を買ってこいと命令される。そして貸し倉庫まで送ってくれと頼まれ、帰りは自分で帰るから帰っていいと言われる。怪しいと感じたデクスターは夜に貸し倉庫の中に侵入しそこで歯の入った箱を見つけ彼が歯の妖精だと確信し殺すことにする。

すると彼から電話でバスでどこかわからないところに着いてしまったから迎えにきて欲しいと言われ丁度いいと思ったデクスターは急いで向かう。

しかし、彼に銃を突きつけられる。

デクスターが警察だということを彼にバレていた。デクスターにエロ本を買わせている間に車検証を見たのだ。デクスターは車をわざとぶつけ身を守る。

気絶したケニーを台に縛り付け殺す。ケニーは老人ホームで心臓発作ということで片付けられ事件とはならなかった。家に帰ったデクスターは血のスライドをしまおうとするが誤って床に落としてしまい今までのスライドたちがバラバラになりどれが誰のか分からなくなってしまう。

 

デボラはアンダーソンという腕のいい刑事をマイアミ署に呼びたいとラゲルタに話すが反対される。

しかし、権限は自分にあるとアンダーソンを採用。

マイアミ署に来たアンダーソンはデボラを上司だと分からず嫌味をいう。

 

マスオカに証拠品を見せてもらった実習生は義手を盗む。 

 

 

ラヴィスはゲラーと一緒に次の犯行を企てていた。ネイサンという男を捕らえる。ネイサンは逃げようとするが、見つかり殺されてしまった。

翌日、バラバラにされマネキンと縫い付けられ馬に乗った死体が道路で発見される。

 

新しく配属されたアンダーソンによればヨハネの黙示録を真似ているのではという。

 

日曜日の礼拝に参加するデクスター。

しかし、デクスターには理解できなかった。

 

馬に乗った死体の件で現場に招集されたマイアミ署は死体に蛇が入っていた事件と同じマークがあったことから同一犯だと考える。

 

ジェイミーからハリソンが朝食を食べなく体調もあまり良くなさそうだから午後病院に連れて行くと連絡をもらう。

 

 

彼の死体の目から数字の書かれた紙を見つけたデクスター。まさかと思い、蛇の被害者も調べると彼からも紙を発見する。

死体からはさらに酸化した鉄が検出されたことから犯行には古い鉄製の物が使われたとわかる。

デクスターは犯行が5日置き、そして数字も5つ置きだと気づく。

綺麗な傷口のときと雑なときがあるとも気づいたデクスターは犯人は複数いるという。

 

マスオカはオークション会社から冷凍車キラーの義手が出品されていると連絡をもらい実習生を問い詰める。彼女は家賃を払うためだったといい悪びれた態度もなかった。マスオカは彼女をクビにする。

 

デボラは事件についての記者会見を開く。

記者に問い詰められ連続殺人であることを認め、しまいには暴言まで吐いてしまう。

しかし、世間には思いの外好評だった。

 

エンジェルたちは聖職者に話を聞きに行く。

 

ハリソンの体調はさらに悪化し手術を行うことに。心配なデクスターは麻酔が与える影響など必要以上に色々調べてしまい余計心配になる。

息子が大変だと言い電話を切られたサムも駆けつけてくれた。

ハリソンの手術は無事成功する。

 

その頃トラヴィスは気になってたウェイトレスと一夜を共にするが、ゲラーはそれを見ていた。

朝トラヴィスか目を覚ますと彼女の姿はなく、ゲラーに捕まっていた。

 

エンジェルとクインは話を聞きにいった聖職者からジェームズ・ゲラーという男について聞きアンダーソンは彼が黙示録についてのブログを書いていることを突き止める。

しかし、彼は3年前に古代の剣を盗んだことでたクビになり行方不明だった。

 

病院にいたデクスターだったが、植物園で事件だと呼び出される。

駆けつけるがそこには魚と血しかなかった。

血を辿っていくと温室にトラヴィスと一夜を共にしたウェイトレスが羽をつけられ吊るされていた。彼女はまだ息があった。助けるために近づいていく捜査員の1人がワイヤーに引っかかり彼女は死んでしまった。

道具箱から何か音が聞こえ、開けるとそこから大量のイナゴが飛び出した。

外に出たデクスターは群がる野次馬の中に1人やり切った感を出す男を見つけデクスターは彼がもう1人の犯人だと目をつける。

 

3人目の女性の死体につけられていた羽に美術品を修復するときの糊が使われているとわかったデクスター。

さらに彼女が死ぬ前に性交していたことと数字の書かれた紙も発見された。

 

マスオカは新たにルイスというパソコンに詳しい男を雇う。彼にオークションの隠蔽を頼むが、義手を落札した相手のことはどうにも出来ないと言われる。

 

クインはデボラに結婚指輪を返してくれたいうがデボラはどこにあるか分からずジェイミーに探してもらう。

 

デクスターは美術館に行くとそこで上映されていた美術品の修復をしている動画に事件現場で見た男が写っていた。アンダーソンに男女の殺害された現場に呼ばれるが即座に解決する。そして彼について調べるとトラヴィスということと住所も突き止めた。

 

サムがデクスターの家に訪ねてきて酒を飲もうと誘い、2人で酒を飲みながら話をする。母親の死のことで自分の心には闇があると話すデクスターにお前には息子という光があるといい、闇が出そうになったら息子を思い出せたいう。

 

 

ラヴィスはゲラーの顔写真が公開されてしまったため1人で犯行を実行することに…

しかし、失敗してしまう。

 

デクスターは調べたトラヴィスの住所で彼の家に侵入し机の上にあった聖書の数字が切り取られているのを発見する。彼はゲラーの元教え子だった。

 

クインとエンジェルはゲラーと大学で一緒だったポーターという女性に話を聞きにいくが、クインは彼女のことをナンパする。

 

 

ジェイミーは指輪を見つけたといいデボラに渡そうとするがそこにはハリソンの前で死体の写真などを広げるデボラの姿が。それを見てジェイミーは激怒し喧嘩になる。そこにデクスターが帰宅し2人をなだめ、デボラには気をつけて欲しいと頼む。

 

結局彼女と一夜を共にしたクインをエンジェルは彼女の家に迎えに行き、彼女の家でゲラーのノートを発見する。そこには今まで見つかった死体とそっくりな絵が描かれていた。

クインは完全に参考人だった人と関係を持ってしまった。

 

デボラはラゲルタに射殺事件の件のセラピーを受けろと言われていたので受けることに。

仕事場にも家にも自分の居場所がないと嘆くデボラに彼女はじゃあ新しい家を探せばいいという。

 

夜中にデクスターはトラヴィスの車で彼のことを後ろから捕まえる。彼は教授に逆えず従っているだけで自分は殺していないという。それをデクスターは信じ彼を逃す。しかし、逃したわけは別にもあった。それはゲラーのとこに案内してもらうことだ。

ラヴィスを尾行中だったデクスターの元にサムが撃たれて病院に運ばれたと電話が来る。急いで病院に向かうデクスター。サムは手術中だった。

デボラはデクスターがサムと友達のため捜査には参加しなくていいというがデクスターは大丈夫だといい参加する。

 

ゲラーは週末をもたらすには7つの鍵とそれぞれに生贄が必要だと考えていた。

 

参考人と関係を持ってしまったクインをエンジェルはなんとかそのことを誤魔化しつつデボラに報告する。デボラは彼女に話を聞くから署に呼んでくれという。

 

 

デボラはまた2回目のセラピーを受け、仲間が以前のように接してくれないどう関わっていけばいいのかわからないと相談。セラピストは今まで通りの自分でいればいい。今までの自分なら何をするかと聞かれ新居パーティーを開くことにした。

 

 

ラヴィスは次の獲物を捕まえるが子供がいるからと言われ同情してしまい解放する。

そのあと姉のところを訪ねる。

 

サムを撃った犯人がニックだと気づいたデクスター。

 

エンジェルはポーターを署に呼び事情聴取をする。彼女に色々と問い詰めます。その様子をデボラとクインは聞いていましたがデボラは聴取に参加していないクインを取調室に入れますが、ポーターは色々と問い詰められたストレスでクインと寝たことをバラした。デボラはクインをあんたのせいで事件が解決できなかったらどうするだと責めますがクインは嫉妬だろという。しかしデボラにあんたが誰と寝ようがわたしには関係ないとはっきり言われてしまう。

 

デクスターはハリソンとジェイミーをデボラの新居パーティーに先に行かせるとそこに電話がかかってきた。サムが目を覚ましたから会って欲しいと。病院につきサムにあったデクスターは撃ったニックに報いを受けさせるというがサムは彼に許すと伝えてくれという。デクスターはそれはできないというが、お前には光があるからできるといった。

 

 

デボラの新居パーティーでルイスはジェイミーに話しかける。好意があるのかと思ったら興味があったのはデクスターのことらしい。家でのデクスターの様子をやたら聞いてきた。

そこにクインが女を連れ登場し、ジェイミーに近づく。止めに入ったエンジェル。しかしクインはジェイミーに最低なことをいいエンジェルに殴られる。

デボラはそんなクインをタクシーに乗せて帰そうとするが、タクシーに乗ったクインに自分のことを本当に愛していたかと聞かれる。デボラは何も答えられなかった。

 

サムが死に病院に来たニックをデクスターは連れ出し自首しろという。しかしニックは証拠がないと開き直る。怒ったデクスターは結局彼を殺してしまう。

 

ネブラスカで殺したはずのトリニティーキラー(アーサー)が妻と娘を殺害し息子だけ助かったという話をデボラから聞き、デクスターはネブラスカに向かう。彼の息子に会い話をきく。

 

マイアミ署ではトラヴィスから解放された女性が保護されていた。若い男つまりトラヴィスが解放してくれた彼は教授と呼ぶ男と一緒にいたと証言する。

教授と呼んでいたことからゲラーの教え子だと考えたデボラたちは教え子の絞り込みから始める。

 

アーサーの息子の話と犯行現場の状況に疑いを抱き彼に君のお父さんにはできないというとあんたが殺したからかと聞かれる。そうだと答えるデクスターだったが彼は逃げ出してしまう。彼の犯行だと確信したデクスターはモーテルで取られたナイフたちを取り返そうとし殺してしまう。その遺体を処理しアーサーの息子を殺しに行こうとする。

すると彼の方からデクスターを呼び出し殺してくれた言ってきた。なぜそんな思い詰めているのかとデクスターが聞くと彼は真実を話してくれた。それは、母親が父親のことを庇い自分と妹のことを責め続けた。それに耐えきれなくなった妹はバスタブで自殺し、自分は母親を殴り殺したという。

父親と同じ殺人鬼だと思い殺そうとしていたデクスターだったがそうではないとわかり彼を逃す。

 

デボラとクインは話し合いの末和解するがデボラは恋人同士にはなれないと伝える。

 

実習生ルイスの活躍でもと教え子を200人まで絞ることができたマイアミ署。

 

デクスターはトラヴィスがデボラたちに見つかる前になんとか彼に取り入ろうとする。

 

サムのお葬式に参加したあとデクスターはトラヴィスに会いにいった。彼になぜ彼女を解放したのかと聞く。トラヴィスはデクスターの声を聞き車で自分を襲ってきた相手だと気づく。

彼女に同情したから解放したというトラヴィスだがゲラーはそのことに腹を立てていると話してくれた。自分が力になるからゲラーを止めようとデクスターはいうがトラヴィスは断る。

 

マンションの一室で娼婦の死体が発見され召集される。薬の過剰摂取だと考えられたが死体は心肺蘇生され動かされていた。

 

デクスターはまたトラヴィスに近づくが、トラヴィスは姉が危険だからとまたもや断ろうとする。しかしなんとか説得し姉の無事を確認してから協力するという。

 

その頃デボラはゲラーの元教え子を片っ端から訪ねていた。そしてトラヴィスの姉の元にも行きトラヴィスが帰ってきたら連絡をと名刺を置いていく。

その名刺を見たトラヴィスは姉を連れ出そうとするがゲラーに捕まってしまい、姉は生贄として殺され後日見つかる。遺体にはデボラが置いていった名刺がつけられていた。

 

デクスターは廃墟になっている教会を発見しそこへ向かうとゲラーに捕われているトラヴィスを発見する。姉を殺されたことでトラヴィスはデクスターに協力することに。

 

ラヴィスに次の生贄について聞くと彼はゲラーが考えているからわからないという。

 

 

そんな中ゲラーのブログが更新され6日後に週末を迎えると書いてあった。

 

次の生贄にケーシーという教授が浮かび上がり、デクスターは彼に警告しに行くが取り合ってもらえない。デクスターとトラヴィスは彼のオフィスを張り込みゲラーを待ち伏せすることにする。

しかし、ゲラーとケーシーを見失ってしまう。

 

ケーシーは大学の講堂で遺体で見つかる。片方の手首を切断され血を抜かれ、内臓もなかった。

遺体を調べていると天井から抜かれていた血と内臓が降り注いできた。

 

デクスターにモーテルで匿われていたトラヴィスだったが寝ている間にゲラーに侵入され壁に偽の預言者を連れ教会へこいと書かれていた。そしてケーシーの手首も置いてあった。

 

2人は教会へ向かい、トラヴィスは正面からデクスターは裏から入る。デクスターが教会の中に入るとトラヴィスが血を流し倒れていた。

そこにゲラーの姿はなかった。

地下を発見したデクスターは地下へ降りる。

そこには冷凍庫が置いてあり、開けるとゲラーの死体が凍らされていた。デクスターは今までの犯行は全部トラヴィスがやったと知る。

 

 

セラピーを続けていたデボラはセラピストに助言をもらいマンションで殺された娼婦の再捜査をするとラゲルタに宣言。

ラゲルタはそのことをマシューズに伝える。

 

ゲラーの死体を発見したデクスターをトラヴィスは閉じ込める。すんなり出口を見つけたデクスターは脱出し、トラヴィスを自分で殺すためゲラーの手首を切断し教会のあちこちに指紋をつけ遺体は処分する。そしてモーテルに戻りゲラーになりすましブログを更新する。

ラヴィスはブログにコメントをしていたアダムという男に目をつけ仲間にしようと考える。

 

デボラたちは廃墟の教会を見つけここが隠れ家だと考える。

 

デボラはマシューズから電話で夕食に誘われる。

 

ラヴィスはホリーを逃したのはデクスターの助言のせいだという。

そしえトラヴィスはアダムの家を訪ねる。アダムと妻のベスは彼を快く歓迎する。

 

デクスターはホリーの家にトラヴィスは来ると考え待ち伏せようとするが、ホリーは街を出ていた。

彼氏を頼るだろうと考えたデクスターは彼の家に行くが彼も家にいなかった。

ホリーは彼の船で寝泊りをするつもりでいた。しかしそこにはトラヴィスとアダムの姿がありつかまってしまう。アダムに彼女を殺すように命じ、毒ガスの準備をさせる。

 

デクスターは一度家に帰りジェイミーに夜もハリソンの面倒を見てほしいと頼むがジェイミーは彼からルイスとデートだから無理だという。

困るデクスターだったが、ルイスから見て欲しいものがあるといい彼の作ったシリアルキラーのゲームを見せられる。デクスターはこんなゲーム不愉快だと彼にいい傷ついた彼は帰ってしまう。

デートが無しになったジェイミーは子守を引き受けてくれた。

 

そしてホリーの彼氏の船を探しに行く。

 

デボラは娼婦殺しを調べていた。すると、彼女が死んだ日に花を贈った相手がマシューズだと知る。

 

 

ルイスはブログを調べアダムという男に目をつける。エンジェルはクインに電話し事情聴取に行こうとするがクインは電話に出ない。仕方なく1人でアダムの家に向かう。そこにはベスがいて、中に入れてくれた。

 

デクスターは船に着くともうホリーは殺されていた毒ガスを準備している男がいた。トラヴィスだと思い刺し殺すデクスターだったがそれはトラヴィスではなくアダムだった。

 

アダムの家でゲラーの著書を発見したエンジェルだったが背後から殴られ気絶し、拘束されてしまう。殴ったのはトラヴィスだった。

そしてトラヴィスはマイアミ署に毒ガスをばら撒こうと考える。

 

毒ガスを作っていることがわかったデクスターはマイアミ署に匿名で通報する。

現場についたデボラは国土安全保障省に電話する。これでこの件はマイアミ署の管轄ではなくなってしまった。

アダムの家に行ったエンジェルと連絡がつかないことからデボラはクインに電話する。

 

ラヴィスはベスにエンジェルのIDでマイアミ署に入りデボラを標的に毒ガスを撒けと命じ、ベスはデボラを待っていた。

 

やっとクインと連絡がつきエンジェルと一緒じゃないのかとデボラは聞く。そしてエンジェルからのメッセージに気づいたクインはアダムの家に急いで向かい、トラヴィスがエンジェルを殺そうとしているところに間一髪間に合いエンジェルを助ける。

 

署に戻りデクスターはベスの顔に見覚えがあり彼女がデボラと取調室に入ろうとしているのを見てアダムの妻だと思い出し、慌ててデボラを助け、ベスを閉じ込める。毒ガスはすでに発生していたため閉じ込められたベスは死にデクスターは少量の毒ガスを吸い込み副作用で鼻血が出てしまう。

 

この件でハリソンとジェイミーをホテルに避難させる。

 

毒ガスの症状で苦しみながらもなんとかトラヴィスを誘き出そうとしていた。

 

デボラはマシューズとの夕食で娼婦について問い詰めるが殺していないという話を信じる。

 

そしてセラピストに手に入らない異性ばかり求めてしまうのはデクスターを愛しているからだと指摘される。デボラは家族としては愛しているがそれ以上ではないという。

 

 

デクスターはゲラーの切り取った手首を使いトラヴィスの職場に予言に関係ありそうなものを作る。そして自分の船の映像を送りつけ挑発する。

 

マシューズは本部長に辞職しろ言われデボラが報告したと思いデボラを責める。しかし、報告したのはラゲルタだった。ラゲルタはマシューズのいた座につくことになり警部補も自分で変えられると喜ぶ。

 

アダムたちはテロリストではないと証明され捜査権がマイアミ署に戻ってきた。

 

その頃デクスターはトラヴィスを誘き出すことに成功し、副作用が出てしまい逆に捕まってしまう。目覚めたデクスターは簡易ボートに乗せられ周りにはガソリンが撒かれていて火をつけられる。

なんとか逃げ切ったデクスターだったが海上に取り残されてしまい絶体絶命。

浜辺まで泳ぐ。船から落ちたとジェイミーにはいう。

それを知り駆けつけたデボラはデクスターに抱きつき愛してるといい、デクスターからも初めて愛してると言われる。

 

デクスターはハリソンが無事で安心する。

 

ラヴィスの行方が分からなくなってしまったデクスターだったが新たに死体が発見され呼ばれる。

血があるため誰もデクスターが来るまで現場に立ち入ってなかった。

そこの壁に書かれた悪魔の絵が自分の顔だったデクスターはその部分だけハンマーで潰す。

 

住処がなくなってしまったトラヴィスはデクスターの家の鍵を持っていることに気づき侵入する。

ルイスからのデクスターへの義手のプレゼントを開けようとしているとジェイミーとハリソンがいることに気づき、そこでお遊戯会があることを知る。

デクスターはハリソンとライオンの格好をしお遊戯会に参加していた。

 

その頃デボラたちは最後の犯行は山頂と2人の人、そして犬らしきものが描かれていたことからビルの屋上に人を配置する。

 

ハリソンはトラヴィスに連れ去られてしまう。

目をつけていたビルの屋上に向かうデクスター。そこにはトラヴィスとハリソンの姿が。息子を解放しろというデクスターにトラヴィスは自分に麻酔を打てという。麻酔を打ったフリをすると日食が始まってしまう。トラヴィスはデクスターを殺そうとするがデクスターに反撃される。

ハリソンを助け、トラヴィスに麻酔を打つ。

 

デボラたちはすべてのビルに様子を確認するがひとつだけ応答がなくそのビルに向かう。儀式の準備はしてあるが既にトラヴィスはいなくなっていて捕まえられなかったデボラは落ち込む。

デボラはセラピストにデクスターに愛してると言ったと報告し、デクスターの愛を認めないために似た人や正反対の人と付き合ってきたのだと気づく。

 

デクスターは教会でトラヴィスを刺し殺す。しかしちょうどそこにデボラが来て目撃されてしまう…

 

今回のシーズンはもう今までより盛り沢山でした笑

デクスターへの愛を気づいたりデボラにデクスターが殺すところを目撃してしまったりと今後どうなっていくんですかね^^;

 

 

〜出演者〜

-------------------------------------------------------------------------------

○エイミー・ガルシア(ジェイミー)

○1978年11月28日 (41歳)

○163cm

○出演作:ルシファー

Instagram

 

-------------------------------------------------------------------------------

モス・デフ(ブラザーサム)

○1973年12月11日 (46歳)

Instagram

 

www.instagram.com

-------------------------------------------------------------------------------

エドワード・ジェームズ・オルモス(ゲラー教授)

○1947年2月24日 (73歳)

○177cm

○出演作:ブレードランナー、特捜刑事マイアミ・バイス

-------------------------------------------------------------------------------

○コリン・ハンクス(トラヴィス)

○1977年11月24日 (42歳)

○187cm

○出演作:ジュマンジロズウェル、ファーゴ

Instagram

 

www.instagram.com

-------------------------------------------------------------------------------

○ビリー・ブラウン(アンダーソン)

○1970年10月30日 (49歳)

○189cm

○出演作:殺人を無罪にする方法

Instagram

 

www.instagram.com

-------------------------------------------------------------------------------

 

 

最後まで読んでくれた方ありがとうございます( ;  ; )

 

FODプレミアムで配信されています! 

 

 

デクスター THE SIXTH SEASON Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ マイケル・C.ホール ]

価格:10,837円
(2020/2/28 15:52時点)
感想(0件)